飲まない日常を目指して

山と空気のきれいな田舎に住んでいます。
断酒、園芸、読書が好きです。

医療情報のニュースを見て

先日ピロリ菌の記事を書いた直後に、このニュースを見ました。


DeNAが運営するキュレーションサイトが公開を中止。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000007-fsi-bus_all


医療情報って専門的な書き方をしてあると、わかりにくい。
ネットではわかりやすくて、自分に関係のありそうな都合のよい記事にどうしても影響を受けて信じたくなります。私だって多分そうです。


病院で主治医にもあんまり細かいことは聞きにくい。
だいたい先生は何も説明してくれない。
やっぱり自分でもよく調べておきたい。
診察室でも事前に自分の症状をネットでよく調べて、ご自身で診断確定をされてから来院されてくる方もいます。


さて、突然ですが血液検査結果の結果、基準値が時々変わっているってご存知ですか?
例えば、肝機能の値であるGOT(AST)、GPT(ALT)は2012年4月に基準値が変更になりました。
            2012年4月まで             2012年4月以降
GOT        10~40U/L                      0~30U/L
GPT           5~45U/L                     0~30U/L


この前後に同じGOT40  GPT40だった人は、2012年4月までは正常だったのに、翌月同じ値でGOT、GPT両方に異常値マークがついてしまいます。


統計で健康な人のほとんど(95%)が入る値を基準値として決めています。
基準値についての面白いレポートを見つけました。初めの1、2ページくらいが面白いです。



ちなみに
GOTは心臓の筋肉、骨格の筋肉からの影響を受けます。
GPTはほとんどが肝臓に存在する酵素です。


比較的わかりやすい記事を見つけました。
GOTについて
http://www.h-nc.com/cat36/post_84.html
GPTについて
http://www.h-nc.com/cat36/post_85.html
GOT.GPT両方上昇していて、その割合なども比べて先生たちはデータを見ています。
他の血液データや腹部超音波やレントゲン写真からだって多角的に見ています。


ネットの情報やテレビ、週刊誌などマスコミの情報は合っていることもありますが、必ず疑って裏どり(?)したほうがよいと思います。私の情報だって古いので疑ってください。(笑)


病院に行くときは、待ち時間にでも、質問したいこと心配なことをメモに箇条書きにでもして、主治医の先生に聞きましょう!口下手ならそのメモを見せて答えていただきましょう。ただしあまり長文はダメよ。



今日も読んでいただきありがとうございます😊




にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。